ストリートビューの歴史

360°パノラマVRの技術はApple社の技術でした。

360°パノラマVRは元々、Apple社が開発したQuickTimeVR(Cubic VR)という技術でした。しかし、当時はまだまだWindowsXPが全盛期の時代。WindowsパソコンでQuickTimeを見るには、QuickTimeプラグインをダウンロードして閲覧するという邪魔臭さからQuickTimeVR(Cubic VR)はシェアーが取れず、需要も少なく、日本で撮影できた業者は数社しかありませんでした。現在では、Googleストリートビューにより、誰でも気軽に360°パノラマVRを楽しめる時代になりました。弊社フォトグラファーは2005年当時からGoogleストリートビューの前身、Cubic VR・Object VR Panorama VRの撮影をしておりました。

2006年、当時の撮影機材

カメラ型式:NIKON COOLPIX 950

撮像素子:総画素数 211 万画素

画像サイズ:1,600×1,200(FULL)、1,024×768(XGA)、640×480(VGA)

レンズ型式:フィッシュアイコンバータFC-E9

2006年、当時のオーサリングソフト

フリーソフト:Fish4CubeXm

2006年、当時お世話になったサイト

> QTVRムービーの理論と実践(別ページで表示)

現在、サイトは存在しますが、ほとんどリンク切れとなっているようです。日本のVR(バーチャルリアリティー)業界の第一人者さんです。

当時のオーサリング

当時のオーサリングソフトFish4CubeXmでは、2枚、もしくは3枚撮影した魚眼画像で360°パノラマビューを作成していました。最終的には、サイコロの中に入ったようなイメージの6面を生成して、Quick Time VR形式で書き出していました。

QTVR(Quick Time Virtual Reality) 360°

Apple QTVR 360°をご覧になりたい方は、ダウンロードしてQuickTimeプレーヤー7でご覧ください。尚、QTVRファイルは弊社の著作物ですので二次利用はできません。当時の機材で撮影しておりますので、驚くほど解像度が低くいです。

マンション モデルルーム(神戸)

撮影編集:2007.07

> QTVRダウンロード

マンションモデルルーム(神戸)

撮影編集:2007.07

> QTVRダウンロード

当時のUSJ(大阪)

撮影編集:2006.04

今は無きバック・トゥ・ザ・フューチャーのアトラクションです。

> QTVRダウンロード

ラグナガーデンホテル(沖縄)

撮影編集:2006.04

沖縄旅行時に記念に撮影したラグナガーデンホテルのフロントロビーです。

> QTVRダウンロード

旧 阪急百貨店

旧 阪急百貨店(大阪梅田)

撮影編集:2006.04

今の面影もない大阪梅田のど真ん中、昭和を感じさせる阪急百貨店です。

> QTVRダウンロード

ソーシャルラバーズ 株式会社

大阪市淀川区宮原1-19-15 Casaric Shin Osaka703

出張可能時間 平日 11:00~18:00

☎︎ 06-6152-7464

Copyright © ソーシャルラバーズ 株式会社 All Rights Reserved.